名古屋の求人転職情報

大手新聞社への今年度の就職状況で大きな変化が見られました。

東大出身の新卒社員が一人もいなかったという状況です。

従来、朝日新聞を始めとして大手新聞社の倍率が高く、その中でも東大や京大出身者は優先的に人員が確保されている状況であります。

しかしながら、今年は東大出身の新人記者の確保がなされなかったことから、この業界の将来性に暗雲が立ち込めている状況であります。

事実、大手新聞社をはじめメディア業界では人材難が深刻な状況にあります。

華やかな業界であることから、タレントの子息や政治家の御曹司などは優先的に就職を斡旋しているものの、優秀な人材が集まらないという状況が生まれています。

それはテレビの視聴率にも表れている状況で、好視聴率をキープできるような番組作りがなされていません。

また、優秀な人材はメディア業界を離れて別の業界へ流れてしまうという現象が顕著化していることもあり、人材難が深刻化しているのです。